スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
しぶとい・・・
不謹慎を承知で書きますが、

義父はやっぱりしぶとい人でした^^;


昨日ICUに薬や身の回りのものを持って行ったとき、

看護師さんから

「お薬効いてるみたいですよ、先生が明日には管を外してみるって言ってました」

と言われました。。。(0_ _)0ドテ


このじーさん、やっぱまだまだ死なないね~(`ΦωΦ´;)

管、もう外れちゃうのかー。

退院、すっごい早かったりして!?

正直、オット母の入院で少し時間が出来たと思ってたし、

義父はもしかしたらもう退院出来ないかも、と思ってたので

完璧に肩透かしを食らった感じでした^^;


でも。でもですよ?

夕方オットが顔を出したときは、主治医の先生が

「少なくとも1週間は外せません」と言ったらしい。。。

う~~ん、どっちなんだよ?看護師さんー。

無責任なことは言わないでよー。




まぁ実際のところはわかりませんが、いずれにしても

ステロイドを大量投与する緊急治療は効果が出ているそうです。

前回もこれが効いたから死なずに済んだわけで。

間質性肺炎と言っても、治療の効果があるタイプなら

退院出来るまでは回復するみたいですからね。

2度目とは言え、効果があるなら回復もするってわけです。


ただ、やっぱり心不全気味の状態になってるのは確からしく、

腎臓の機能もかなり落ちてる。

場合によっては透析も必要になるかもしれないと言われたようです。

肺炎自体の状態は前回の方が悪かったけど、

今回はそれ以外の部分で状態の良くないことが多いようです。


入院期間はどうなるかわかりませんが今は待つしかない状態。

少なくとも「急変」はないかな~という感じです。

私としては、「出来ることだけをやる、最低限にベストを尽くす(?)」

ってところでしょうか。




オット母に関しても、

現段階ではまだ血圧を下げる治療をしているところで、

この先のことはまだまだわからないようですけど、

こっちも「急変」はもうないような感じ。



いきなり二人一緒に死んじゃうっていうのは

なくなったみたいで一安心です。

一時はホント、どうなることかと思いましたからね~^^;





だけど。

退院出来るというのが「いいニュース」ではないのがつらいところ。

義父に関しても、前回と同じような過程をたどるとしても・・・

前回の退院から今回の緊急入院まで2ヶ月未満ですからね。。。


どちらも、生き続ける以上はこちらに大きな負担がかかることは

間違いない状況なので、気が重いです。

生きていることを素直に喜べないのは、とても心苦しいです。

そして、自分の親だったらそれでも「生きてて欲しい」と思うだろうか、

そんなことを考えてしまいます。


特に、認知症のオット母は「回復したところで・・・」と思ってしまう。

以前よりももっと本人にとっては本意ではない状況になるような気がして・・・

それでも自分の親だと思って、

それでも生きてて欲しいと思うであろう家族の気持ちを思って、

何とか最後まで頑張って関わっていくしかないと思っています。







いや~~~、いったいどうなることやら。



まずは、おいしいもの食べて、ゆっくり寝ましょう。

夜中にオット母の物音に気にしながら寝なくていいんだもの。


プッチョリーナ、

ただいまエネルギー充填期間です(`ΦωΦ´)!















・・・

というわけで、とりあえず今日は一日お休みをいただきました。

洗濯と掃除をして、録画したまま見られなかったドラマを1本見て、

あとはオット母の部屋の荷物の整理をしようと思います。

壁の拭き掃除もしなくちゃね(`ΦωΦ´;)

↑戻って来ない前提になってる!?
ま、今はそういう気分でいてもいいでしょってことで。。。(´▽`)ユルシテー







クリックしていただけると励みになります!
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
【2012/01/17 07:00】 | オット父 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。