スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
娘の手紙
娘を出産してから、私が無くしたもの。

それはズバリ!「嗅覚」です。

手にしたものは「体重」ですけどね^^;

におわない、というわけではないんですよ。

でも、それまでのように細かなニオイを嗅ぎ分けたりすることが

出来なくなりました。

まぁ、トシのせいもあると思いますけど^^;



そんなワタクシ。

最近、ニオイのことで悩んでおります。

それは・・・オット母のニオイです。


オット母の部屋は、当然いろんなニオイがします。

主に臭うのは、

「おしっこのニオイを消すためにふりまいたファブリーズのニオイ」ですけど^^;

それ以外には、やっぱりお下の粗相によるニオイ、おばあちゃんのニオイ、

オット母の家から持ってきたものからにおう「しょうのう」のニオイ。。。

そのニオイが当然「好きにはなれないニオイ」ですから、

オット母がショートに出たその瞬間から窓を開け放して

常に外の空気がどんどん入るようにしています。

でもね、、、、やっぱり臭うんですよね~^^;



だから、友だちや自分の親などをうちには呼べなくなりました。

窓を開け放しても、何日もオット母がいなくても、

やっぱりニオイが残ってる。。。気がする・・・

そこを嗅ぎ分ける能力がなくなっちゃったので、

私には臭わなくても他の人には臭うかも・・・とコワくなっちゃうんです^^;

実際子どもたちは、私が「もうニオイ飛んだかな~」と思う部屋で

「ばーちゃんのニオイがする~」と言いますからね。



そんな中・・・

今朝、娘の手紙が出てきました。


そこには、

「××ちゃんへ

おてがみとほうせきありがとう

〇〇(娘の名)より」


と書いてありました。

「ほうせき」というのは、手芸用の売り場にあるキレイなガラス玉のこと。

手紙はとてもていねいな字で書いてあり、

プレゼントを持ってウィンクしながらニッコリ笑っているかわいい雪だるまと、

「メリークリスマス」と書いた飾りをかけたツリーの絵が描いてありました。

そして、ありがとうと書いてる横にふきだしがあって、

「こんどおうちにとまりにきてね」と書いてありました。



・・・

それを見てね、切なくなっちゃって。

だって、ほうせきをもらったのは、もうずいぶん前のこと。

そして、どうして私がそのお手紙を見たかというと、

渡してないからなんです。


お友だちにお手紙を書いたけど、

「とまりにきてね」って書いたけど、

渡せなかった娘・・・。



私が「おばあちゃんいるときはおうちにお友だち呼べないねぇ~」って

言いますからね。。。

本当はそんなこと言っちゃダメなのかもしれないけど、

お迎えに行ったときとかに娘のお友だちが「遊びに行っていい?」とか

「泊まりに行っていい?」という聞いてくるんです。

それを私が断るんです「ごめんね~、また今度ねぇ~」って。

横で聞いてる子どもは、あとで車に乗りながら、

「今日はおばあちゃんが帰ってくるからダメなんでしょ?」って言います。

私は、

そうだね、おばあちゃんがいないときの方がいいかな、なんて答えます。

そんなやりとりをこの約5ヶ月の間繰り返してきて、

娘なりに「うちに友だちは呼べない」って思っちゃったんでしょう。



確かに、私が間違ってるのかもしれません。

呼んでもいいのかもしれない。

子どもの部屋で遊ばせてれば、おばあちゃんに会わなくても遊べますから。

でも、万が一にもお尻出しておしっこ漏らしてるとこに遭遇したら、と思うと。。。

おしっこ漏らしてなくても、何もはかずにおばあちゃんが垂れたお尻(失礼^^;)丸出しで

廊下にヘタりこんでほうけているところ・・・

やっぱり子どもには見せたくないんです。

自分の子どもにも見せたくないものを、よその子どもにも見せたくない。


恥ずかしいとかではなく、とにかく見せたくない。

病気のことなんて知らないこどもにはショックが大きいような気がするんです。

私ですら、オット母のあの姿には相当驚いたし、ショックでしたからね。

それを見せたくないっていうのは。。。

間違ってるのかなぁ。。。

あと、そのせいで娘が「〇〇ちゃんちのばーちゃん、お尻出してた~」なんて

お友だちの前で言われちゃったらかわいそうっていう気持ちも、

もしかしたら私の中にあるかもしれません。



オット母の姿は

人間が、ただ老いた姿、病気になってしまった姿、

ありのままの姿ですからね。

それを見せたくない、という私は間違ってるのかもしれません。。。



でも・・・でも・・・やっぱり見せたくない。

そして。

お部屋に遊びに来た子が「何かくさい」って思うかもしれないと思うと、

たとえショート中でも呼ぶのをためらってしまいます。

だから、つい、「また今度ね」って言っちゃう。


難しいです。

肝っ玉の小さいお母ちゃんです。

ごめんね、娘。

もっとお掃除頑張って、お友だちをおうちに呼べるようにするね。













クリックしていただけると励みになります!
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村











スポンサーサイト
【2011/12/20 13:15】 | つぶやく | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。