スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
デイケアなんか行っても意味がない
義父ですが、その後ぼちぼち生活出来ている様子。

オットは退院後の義父とおよそ1週間一緒に暮らしましたが、

帰って来てまず言ったことは、

「おやじは何にも変わっとらんわ」ということでした。

そして、一緒に暮らすのなんか無理、とも言いました。



しかーし。

親子である以上、サポートは続けなくてはいけません。

今は距離をあけるわけにもいきません。

つまり、年末年始は一緒に過ごさなくてはいけないのです。。。(0_ _)0ドテ




実は、まだ義父が入院しているとき・・・ 9月頃でしたが、

オット母の年末年始のショートの予定を入れました。

その頃は義父が今後どうなるか全然わからなかったし、

我が家はオット母の世話で結構テンパってましたので^^;

ショートはとにかく入れられるだけ、年末大掃除の時期から年始まで、

ビッチリ入れさせてもらったんです。

だってキャンセルなら出来るけど、

後から入れてもらうのは無理ですもんね。


もし義父が退院して調子が良ければショートはキャンセルして

一緒に過ごすような段取りを組めばいい、

でも、義父が入院したままなら、我が家は我が家だけで

お正月はのんびりさせてもらおうと思ったんです。



結果的には、義父は退院し正月は家で過ごすことが決定。

ところが。

じゃあ、どっちの「家」で誰とどう過ごすのよ?ということが

まだ決まっていません。



私の心の中では、

オット母のショートをキャンセルし、

義父と義母を年末年始に1泊か2泊で我が家に呼ぶのが

まぁスジかなぁと思っているわけですが・・・

。。。もちろん出来れば家族だけで過ごしたいですけど。。。

でもそうするなら、オットからちゃんと

そういう風に過ごしたいから頼む、と言って欲しいわけです。

今までみたいに「ああしたら?」「こうしたら?」と

私から言うのは、今回はイヤなの( ̄_ ̄)




ちなみに、これまでのお正月の過ごし方ですが、

1月1日に実家に帰るのが恒例でした。

元々はその日は泊まってたんですけど、

一度義父が酔っ払ってそりゃもうメチャクチャになって

お正月気分も何も吹っ飛んだことがありまして、

それ以来泊まることはなくなっていました。


ちなみに、義父は酒乱ではないけど、酔うとひどいです。

足腰が立たなくなるまで飲んで、嫁や子どもに絡みます。

暴言はもちろん、大声でわけのわからない話をしながら

トイレに行きゃあ立ってられずに

放尿しながらぶっ倒れたりします(--;

餅を喉に詰めるのは恒例行事になっておりまして、

毎年入れ歯と一緒に雑煮を吐いて、食卓とこたつ布団をドロドロにします。



子どもがいない頃は「あらあら」で済ませてましたが

子どもが出来てからは、その状態の義父と

お正月を過ごすことは苦痛でしかなくなっていました。




なので、今回も出来れば「泊まり」はなしで、

しかも出来ればなるべく関わらずに過ごしたいのですが、

さすがにそうもいかないかなぁ。と。。。






そんなこんなを考えながら、

さてどうしよう?と思ってるときに、です。



義父がお正月についてオットにある「不満」を口にしたそうです。

正月にショートを入れとるのが気に食わん。

こっちはこっちでやるから、ショートはキャンセルして

そっちはそっちでやれ。

と。




うーん、どうよ?

だって、無理でしょ、今のあなたにオット母の世話をするのは。

それは必然的に「お前達の世話になるぞ」と言ってるのと同じだと思うんだけど・・・

もちろん、本人は「出来る」と思ってるんでしょうけどねぇ。。。

でも今「正月はショートキャンセルしろ」とは。。。



さらに。

オットが実家にいるとき、オット母の我が家での生活について

義父はこう言ったそうです。

デイケアなんか行ってもしょうがない

「ちいちいぱっぱ」なんかやっとっても、

意味なんかない。

もっとちゃんとリハビリして、

歩けるようにならんことにはダメ。

お前の家におっても、何もしないでダメになるだけ。



義父は、

年寄りがレクをやってる様子をバカにしています。

「あんなことをやっても」

「年寄りにあんなことをやらせて」


私は、確かに自分のことを何もしないですむ今の状態は

オット母にとって良くないとは思いますが、

少なくともデイケアでたくさんの人と会って、いろいろなことをして、

笑って過ごすのは絶対オット母にとってプラスになると信じています。

いくら洗濯物をたたんで、自分のことを自分でする生活だからと言って、

それを義父から怒鳴られ虐げられながらやってもいいことはない、

と思うわけです。



ただ、前にも書きましたが、

「じゃあうちで同居してずっと世話する気があるのか」

と聞かれると、返答に困る今の状態では、

オット母の処遇は義父の言う通りにするしかありません。

オット母の人生は義父の手にゆだねるしかないんです。

なんともモヤモヤする話です。。。( ̄_ ̄;)











まぁ今後のことはさておいて、

正月に関しては期限も迫っていることだし、

そろそろ計画を立てたいのですが・・・

(キャンセルするにしても早くしないといけません)


肝心のオットは

「おやじに聞いてみるわ」と言って

電話するも聞けないし・・・(--;



私的には、

オットがこの件についてはっきり義父と話を詰めない限りは

義父の言う「そっちはそっちで」というプランに

乗っかってみようかと思ってるんですけどね(`ΦωΦ´)





まったく、

男ってやつぁ

「現実を見て計画を立てる」

ってことがホンットに下手クソな生き物だよ。




困ったもんです( ̄_ ̄)












クリックしていただけると励みになります!
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
【2011/12/06 10:41】 | オット父 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。