スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
リトマス紙
うちの近所には、大きなイチョウ並木の公園があります。

そのイチョウが、この間とてもとてもキレイな黄金色に染まっていました。

ただの「黄色」ではなく、「黄金色」。

娘が、その色を見て

「すごくキレイだね。一番キレイな色になったね」と言いました。

それを聞いて、

あー、全然気付かなかった、ということに気付かされた私。


今まで私は、自分はそういうことにすごく敏感だと思ってたし、

どんなときでもそういうことを楽しむ人でありたいと思っていました。

でも、今年は全然気付いてなかったなぁ~(--;って。

なんか、自分のキャパのサイズが意外に小さかったことを

突きつけられたような気がして、ちょっと情けなくなっちゃいました^^;

それと同時に、娘がそういうことに気付き、

楽しむ気持ちをちゃんと持っている子でうれしいなぁ~とも思いました。


空がキレイとか、花の香りがするとか、葉っぱの色が変わったとか、

自然はリトマス紙のように私たちの心を試す、といつも思ってます。

道に咲いた小さな花に気付く人でいたいなぁと思っています。



オット母のお世話や、義父のこと、忙しい年末年始のことばかり考えて、

視線はいつも下の方。(「しも」ではありませんよ、「した」です^^;)

目の前の問題に対応するのに「いっぱいいっぱい」なんて、

ちょっとかっこ悪い大人ですよね。

「余裕」って、意識して手に入れられるものじゃないけど、

キレイなものをキレイと思う、そういうことから始められるんだと思います。





昨日は、娘の幼稚園の発表会でした。

歌を歌ったり、劇をしたり、英語で発表したり。

とても大きな声で上手に出来ている娘のことが

すごく愛おしかったです。

夜には、乳歯がまた一本抜けました。



オットの両親のことでジタバタしている横で、

私が見てても見てなくても、

子どもはひとつひとつ着実に成長してるんだなぁと思いました。



子どもが成長する、ということに比べれば、

私の義父母に対するモヤモヤなんてほんの小さなこと。

ドーンと構えた「大きな」お母さんになりたいものです。
















クリックしていただけると励みになります!
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
【2011/12/04 11:21】 | つぶやく | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。