スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
認知症の体内時計
ようやく昼間の咳も治まり、

昨日はやっと念願の(?)晩酌も復活しました。

ビールコップ1杯でしたけどね(`3´)

生理のときはやっぱり貧血がひどくなるみたいで、

まだまだ治療も「途中」なことを痛感(><)

それでも最大サイズのナプキンを1時間ごとに交換、という

治療前に比べれば、出血の量も少し減ってきたと思います。

普段の生活でもずいぶんラクにはなってきてるし、

少しずつだけど、好転していってる感じはします^^






さて。

昨日、斜め向かいに引っ越して来られた方が

あいさつに来られました。

ときどきお見かけすることはありましたが

きちんとお会いしたのは初めて。


いやぁ~・・・


超強烈キャラでした!


何やら、となり町で診療所をやってるご夫婦だそうです。

年の頃は・・・お二人とも「まだまだ現役の年配」という感じ。

あいさつにみえたのは奥様の方だったのですが、

ご夫婦で作られたお野菜と、いただきものだという

リンゴを持ってきてくださいました。


で。

おっしゃるには、

私たち年寄り二人で暮らしてますから、

あまりご近所とはおつきあいすることもないかもしれませんが、

どうぞよろしく。

と、ここまではまあまあ普通だと思うのですが、

その後。

隣のおうちを指差し、

「そこのお宅、私誰だか知らないんですけどね。

まあお付き合いする気もないんですけど。

前に一度うるさいこと言われたから、

嫌いなんです、そこの方のこと。」


ひーーーー(@▽@;


私の親くらいの年ですよ。

70なるかどうかってくらいでしょうかね。

そんな人が、そんなイイ大人が、

そんな子どもみたいなこと、

しかも聞こえるような声で・・・@@

「嫌いなんですよ。だから何も持って行ってないし

あいさつもしてないし。

こちらとそこの(違うお隣さん)お宅だけには

あいさつしとこうと思って~」って。


ビックリ仰天でした^^;

そんな人がご近所さんになったなんて。。。

刺激的です~( ̄ー ̄;)



実を言うと、「うるさく言われた件」については

嫌いと名指しされた側の奥さんから前に聞いたことがありました。

引っ越して来られたおうちの敷地がまだ空き地だったころ、

そこのドロや落ち葉などのゴミが雨のたびに流れてくるので

流れてこないように処置して欲しいと頼んだが無視された、という話でした。


うーん、あの奥さんなら無視しそう~~^^;


ちなみにその苦情を言った側の奥さんは、

私より少し若いくらいかな、すごくしっかりした感じで、

物静かな落ち着いた雰囲気の奥さんなんです。

若い人に落ち度を指摘されて悔しかったんですかねぇ。


それにしても、あんな大人がいるなんて。

「あの人のこと嫌いだから」って、

嫌いな人と付き合うことがあったとしても、

オットにだってそんな言葉は言わないですよ~。

品格、というのでしょうか。

身につけようと思ってもなかなかつくものではありませんが、

それにしても。。。ねえ。


奥さん、嵐のようにうちの玄関から去って行きましたが

しばし呆然としてしまいました^^;









さて。

オット父ですが、退院は来週になりました。

病院からオットに連絡があり、退院についての話し合いを

土曜日の午後に行ないたいとのこと。

病院側としては今週ではなく来週に退院させるつもりだったようです。

いつでもいいって言ったのにねぇ(・・??


で、それであれば、当初の予定通り「週末に合わせてお願い」

と言っておきました。

希望が聞き入れてもらえるかはわかりませんが、来週は祝日があるし、

うまくいけばってことで。

来週なら私も体調が戻ってるでしょうし、

いろいろな準備も出来ますもんね(・・)v


オット母とオット父、ふたりで一晩くらいは仲良くゴハンを食べてもらい、

翌日オット母は午後からでもショートに出てもらって、

オット父に少し我が家でゆっくりしてもらう。

で、予定変更といえばその後。

2~3日はやっぱりオットが実家に行くことになりました。

で、実際生活する様子を見て、何かしら必要なものがあれば

準備をするという形をとるのがいいだろう、とふたりで話して決めました。

その間のオット母は我が家で私がみて、オットは実家で父親をみる。

それが今はベストかなぁと思いました。




ちなみに、オット父の具合はすごく良いらしくて、

病院から参加出来る自動車の講習も済ませたらしいです(--;

私としてはもうそろそろ免許を返す方向で、と思っていましたが、

一緒に暮らさないとなると・・・やっぱりそうもいかないのでしょうか。

それも追々考えていかなくてはいけないことですよね。

お年寄りの車の運転には基本的には反対ですし、

何ヶ月も寝たきりで死にかけていた(失礼)じーさまが運転なんて、

やっぱり無理がありますよね。


なるべく運転をしないですむよう、私たち夫婦もサポートしなくては

いけないようです。。。





最後にオット母。

めちゃくちゃ調子いいです。

鼻水も咳も治まってきて、夕方6時になるとリビングに来て

チョコンと座っております。

これ、夕食の催促なわけですけど、

オット母って、時計は多分もう読めないんですよね。

なのに夕食の時間だけはバッチリ6時に身体がセットされてるようです。

他のいろいろな習慣はだんだん無くなりつつあるのですが、

「夕食6時スタンバイ!」はまだまだ完璧に健在。

認知症になると体内時計のようなものも狂ってくると思うのですが

今のところは(薬の助けも借りて、ですが)夜は寝て朝起きる、という

生活を守れています。

これが狂ってくると、一緒に暮らす人は頭痛のタネがひとつ増えるんでしょうね。

今のところは、オット母の体内時計は大丈夫なようです。



ちなみに6時って・・・

あとでおなかすかないかなぁと思いましたが、

やっぱりすくようです^^;

たいてい6時にスタンバイされても6時半にゴハンを出すようにしてますが、

たまに6時に出すと後で「食べてない」とか言いますもんね^^;




おそるべし、オット母の腹時計( ̄ー ̄)!



















クリックしていただけると励みになります!
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
【2011/11/18 08:23】 | つぶやく | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。