スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
話し合い
オット。

昨日父親の見舞いに行き、そのついでに今後のことについて話をしたそうです。

どう話したと思います?

恐る恐る、でも覚悟を決めて聞いてみました。

そしたら・・・

オットとオット父の描く未来予想図は・・・

●オット・・・「母親は施設に、父親は別棟を建てて同居」

●オット父・・・「退院後実家に身辺整理で戻り、その後夫婦で我が家に同居」

でした。。。(0_ _)0ドテ


やっぱり伝わってなかったかぁ~・・・・





というわけで。


昨日、ついにオットと話し合いをしました。



そして


オット父のことを嫌いだけれど、それでも「同居」というなら

家族4人で暮らすためにそれを受け入れざるを得ないと思っている、ということ。


ただ、「あんた(私)がオット父について嫌いだと感じる部分をオレも子どもの頃から

ずっと我慢をしてきた」というオットの言葉を聞いて

その我慢を自分の幼い子ども二人にさせるつもりなのか?ということ。


それをさせるつもりでいるのなら、私はオットに対して不信感を持ってしまう、ということ。


でも、私が同居を拒否すればオットの中に私への不信感が生まれるだろうし、

それは避けたい、ということ。


じゃあ一緒に暮らすとして、オットが45年間我慢をしてきたような義父のイヤな部分を、

我が家では出させないように「管理」出来るのか?ということ。


そして、何よりも私たちは子どもの人生に責任がある。

今、私たちは二人ともオット母に対して冷静な対処が出来ていない、

そこにさらにオット父が入ってきて、私たちはまともでいられるか?

それが出来ないと仮定して、その混乱した私たちの様子を

子どもたちに見せ続けるつもりか、それで親として平気か、ということ。


だって、この4ヶ月出来なかったことが、今より悪くなった状況下で

いきなり出来るようになるなんて思えませんもんね^^;

(努力しろ、というご意見はこの際無視させてください(ΦωΦ))





ちなみに・・・


これまでオットは、今後義父母を夫婦揃って暮らさせることはしない、

という前提でこれまで話してきました。

その「前提」は今も変わってないそうなんです。

でも、オットが父親の望みを受け入れるつもりでいるなら

二人が我が家に同居ということになる。

・・・そこで「一緒にはいさせられないという前提」に従って考えると

「義母ショートの間に義父同居、義父ショートの間に義母同居」ってことになる。

そんなことを現実にやるつもりか?ということ。


でもココで。

義父に対して「母は施設に」という説得がうまくいきそうだった、

とオットは言うわけです。

二人は無理だと思ってるけど、義父だけなら。。。とオットは言うのです。

でもさ、ちょっと考えてごらんよオット?

現実問題入所がそんなにスムーズに決まるとは思えなくないか?

じゃあ義母入所前提で義父ウェルカムなんて言って、

結果的には二人ともが我が家に居続ける、ということは

容易に想像できるわけです。

しかも高い確率であり得る話なわけで・・・


だって、長男夫婦の家に孫と一緒に同居してる、

そんな人がどうして順番待ちの列に並ぶことが出来ましょうか。

どんだけ並んでても順番なんか回ってこないでしょ?

でもその話をすると、オット想定外だったらしく、絶句。。。ヾ(-_-;) オイオイ




私としては・・・

義父に実家に帰ってもらう。

そこで「老老介護」の状態にして、

義父の持病や義母の認知症の状況から何とか施設に滑り込ませ、

その後に義父の話に移りませんか?と申し出ました。


だって、今の状況ではこれが一番現実的な案だと思うわけです。


もちろん。

それでもこの4ヶ月間の記録が残ってますから、

「息子夫婦のとこに行きなさいよ」と一蹴される可能性も高いわけですが。






そのへんの話を、ぶつけました。

とにかく、思いつく限りの現実的な問題を、

直球勝負でオットにぶつけ続けました。





その結果、オット。

何て言ったと思います?


「じゃあオレおやじに何て言えばいいよ?」だって。












自分で考えろやボケェ("゚Д゚)!?














と思いましたが・・・


義父が同居話を持ち出した当初奇跡的に言ってくれた、

「同居するにしてもプッチョリーナさんの意見も」という言葉を思い出し

「『嫁がいややて言うとる』と言っても構わんよ」

って言っときました。


あと、最後に

「何よりも子どもたちが大事。

そして年をとったあともお父ちゃん(オット)と仲良く暮らしていきたい。

だから今回(義両親)のことでお互いにわだかまりを残さないようにしたい。」とも

キッチリ訴えておきました(`ΦωΦ´)

だって、本心だもの。





さあて。


どうなることやら。。。( ̄ー ̄)















クリックしていただけると励みになります!
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
【2011/10/24 11:33】 | つぶやく | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。