スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
お墓
昨日は久しぶりに家族4人で出かけました。

朝一番でオット母をショートに送り出して、それから弁当を作って、

車で1時間ほどの大きな公園へ。



暑いくらいのお天気の中、

子どもたちはお昼ごはんをたくさん食べて、

おやつもたくさん食べて、

顔を真っ赤にして汗をかきながら一生懸命遊んでました。

オットは弁当を食べたあと、ピクニックシートに横になり、

遊ぶ子どもたちを見ながらうたたね。


いやぁ~、ひさしぶりの休日です(* ̄▽ ̄*)

帰りの時間も気にせず、帰ってからものんびりスーパーで夕食の買い物。

まるで極楽でした。





それで・・・やっぱり、

『 オット母がくるまでは、休日は家族4人でこうやって1日かけて

ゆっくり過ごせたんだなぁ 』と思っちゃいました^^;


今は、いくらこうやって楽しく過ごしてても、

いつも頭の中にオット母とオット父がいるんですよね^^;

あさってには帰って来るなぁ~とか、

月末にはオット父も同居かなぁ~とか。

ふとしたときに思い出してしまう悲しさ。

はぁ~。。。

頭の中にスイッチがあれば、

義父母の電源はブレーカーごと落としときたい・・・( ̄▽ ̄;)






ところで。


先日お墓のチラシが入っていました。

一区画いくら、とか年間の管理費はいくら、とか

今までなら興味も関係もない内容が載っていましたが、

何だかついつい、じっくり見てしまいました。


実は義父母のお墓はお寺の中にある「お墓マンション」なんです。

納骨堂に引き出し状に並んだ、アレです。

私は、嫁いできたときから常々「アレには入りたくないな~」

と思っていました。

あんな狭い暗い小さな建物の中にある、

あんな狭い暗い小さな引き出しの中に、

絶対入りたくないなぁ~って。


そして、

今では、

たとえお墓が外にあっても

それがたとえどんなに景色のいい場所にあっても、

たとえどんなに大きくてかっこいいお墓でも、

義父母と一緒には絶対入りたくないなぁ~、と

猛烈に思います(^皿^;)




それで、

娘と息子に、

「お母ちゃんが死んだらお墓には入れないで、

どっか、キレイな海とかに骨まいて~」と言いました。

すると、娘。

「えー、いやだー、お墓欲しい~」ですって。

なんじゃそれ。

「え~、お墓なんか暗くて狭いし、お墓の掃除なんて

めんどくさいからいいよ~」と言うと、

「いやだー、お墓の掃除したいー」だって。

うーん、わからん( ̄_ ̄;)



で、そこにオットも合流してきて、オットは

「お父ちゃんの骨は、どっかそのへんにまいといて~」なんて言ってるし。



結局、

オットの骨はオットが自転車で走るのが好きな高原に、

私の骨はどこかのキレイなキンモクセイの木の下に、(←どこの?)

それぞれまかれることになりました^^;





ちなみに娘。

私が「お母ちゃんがボケて〇〇ちゃんの名前もわかんなくなっちゃったら

とっととどっか施設に入れてね~」と言ったら

「じゃあ今幼稚園で使ってるお名前書いた名札をとっておいてあげるね、

それで、お母ちゃんが〇〇ちゃんの名前わかんなくなっちゃったら

それをつけるよ。そしたら名札を見たら〇〇ちゃんって、わかるでしょ?」


ですと。

母、あえなく撃沈。。。(0_ _)0ドテ


娘、かわいすぎます 。o゜o(*´□`*)o゜o゜о

こんなかわいい娘に同じ苦労はさせられません( ̄^ ̄)キッパリ!

というわけで。

本日の結論はやっぱりコレです。

「お金を貯めよう!!」


でも・・・

こんなカワイイこと言ってくれるの、今だけなんだろうなぁ~( ̄▽ ̄;)



















・・・あ、そういえば

オットの反則金払うの今日までだったわ。


クリックしていただけると励みになります!
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
【2011/10/11 13:05】 | 家族 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。