スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
揺れる心・・・
いつだったか、このブログでも触れましたが、

海外ドラマを見てるときに、登場人物が母親を介護施設に預けて

「設備の整った場所で快適に暮らしているよ」というセリフを

口にするシーンがありました。

それを聞いてもう一人が「それはいいね」と答えるのですが、

何気なく見てて「そういう環境はうらやましいなぁ」と思ったものです。


昨日違うアメリカの海外ドラマを見ていたら、

『介護施設に馴染めずに問題を起こした父親を一旦は引き取ることになったけど

ボヤ騒ぎを起こしたり道に迷って警察沙汰になったりして結局施設に戻る』

という話をやっていました。



もちろん、海外でも親の介護事情は様々なようです。

そのドラマも、引き取る側の息子は独身で仕事もあり、

現実問題として介護を出来る状態ではありませんでした。


うちは・・・私が専業主婦だもんね。

介護は無理ではない状態なんです。

体調が悪くても、介護を堂々と(?)拒否できるほどには悪くない^^;

子どもも小さいけど、それは理由にはなりませんもんね。

というわけで我が家では、今「本当に、どうするよ!?」という空気が

ものすごーく濃く漂っています。

私とオットの頭の中にはずっとその問題があって、

ふとしたときに「どうする?」という話になります。



認知症のオット母と、持病持ちのオット父。

正直、どちらも残された人生はそう長くないと思っています。

認知症が進行してくればどうなるかも、目に見えています。


オット父の方は、間質性肺炎という病気で入院しましたが、

膠原病からくるのでは?という程度にしか原因がわかっていません。

ただ、今回はステロイド治療が有効だったので順調に回復し、

今はリハビリさえうまくいけば自宅に帰っていいと言われています。

もちろん80過ぎてますので、「元通り」には回復しないだろうし、

糖尿の持病もあり、衰えていく一方なのも確実なことです。



私は・・・

覚悟を決めるべきなのか、どうなのか。

だって、オットはそうは言っても実の息子。

親にむかって「施設に入って」とはいえない様子。

「引き取るって言っても現実問題面倒を見るのはあんた(私)やもんな・・・」と

ハッキリしないし、どうしたいのかも読めない部分があります。




うーーーーーーん、

どうすれば???





引き取るってのが多分一番悔いの残らない選択なんでしょうね。

でも。。。。





ふえ~~~~~~ん。



やっぱり、出来れば「イヤ」って言いたいなぁ・・・










というわけで、

オトメの心は今日も揺れに揺れております。。。(0_ _)0ドテ













最後まで読んでいただいてありがとうございました!
クリックしていただけると励みになります!
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
【2011/09/21 10:32】 | つぶやく | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。