スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
自宅介護が基本?
オット母との会話、本当についていけないレベルになってきました。

このとんちんかんな質問にいちいち返事をしなくちゃいけないのか?と

本気で悩んでしまうほどです。



デイケアから帰って来て、私に話しかけてきたと思ったらこんな感じです。

「さっきのあれは・・・私がむこうであれしてバスがそこや言うから・・・

ほんで〇〇(義姉の名前)が一緒になにしよー言うて降りたんやけど。。。

あそこでむこうのあれをこう・・するからかな?あの子はどこ行ったんかな。

工事中の・・・車のな。そこがな、あれしとるなーと思うて。

で、あれはどこやったんか?

・・・?〇〇は2階やったかな。。。」

↑これ、誇張でも何でもないんですよ!本当にこのまんまなんです。

どれが何のことか、何についてどうしたいのか、何を聞きたいか、

何もかもが全然わかりませんっ(T∀T)!

前半は思い出すように、目を閉じながらダラダラーとしゃべります。

まるで吉本新喜劇の井上竜夫のネタみたいです。(ご存知ない方すみません^^;)

で「あれはどこかな?」というところだけ急にハッキリ私に質問してくるんです。

聞き流してるとエライ目にあいます。

というか、しっかり聞いてても答えられませんけど^^;



多分、何かしらこういう状況に遭ったんだと思います。

義姉のことは、誰かと勘違いしてるんでしょう。

それを聞きながら一生懸命推測して、

どんなことがあったからこんな話をするんだろう?と

理解しようとしてしまうんです、何とか答えられることはないかと。

そして、どこかで話の回線がつながるんじゃないかと。

ワタクシ、返事の言葉とタイミングを必死で考えながら、話を聞いています。

そうすると、すんげー疲れる。





とにかく、すべてがこんな感じです。


これに加えて、部屋の中での徘徊、

早朝、部屋で寝てたらジーと見つめられたり、

(↑「なんですか?」と聞くと無言で自室に帰る)

リビングの真ん中で寝られる不快感。。。

「下」の粗相以外のことでも何だかちょっと・・・

少々お疲れ気味なワタシ。。。(0_ _)0ドテ

テレビでも見てくれれば時間もたつんですけどねぇ。。。



さらに、先日のショートでの転倒以来

ずいぶん動きも悪くなりました。

以前は必要なかった手すりなどのレンタル福祉用具。

返却しちゃったけど、それもまた必要だな~・・・。




* * * * * * * * * * ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ * * * * * * * * * *



こんな時間を過ごしていると、

この先、いったいどうなるんだろう、と思います。

オットはケアマネさんと話すときなどは、

「母も父もこの家で・・・」という前提で話を進めます。

私と話すときは「いずれは施設に」なんて言ってますけど・・・



私は、正直イヤなんだけど・・・。

オット父が来れば、ここはオット父の「帝国」になります。

それだけは絶対イヤなのになぁ。

それは伝えてあるのになぁ。。。

しょうがないのかなぁ。。。



でも、オットが外部の人と話してるのを聞くと、

「うちで看る」って言ってるようにしか聞こえない。

義父母の知り合いからもうちにバンバン電話がかかってくるし。

みんながもう「あそこは息子夫婦のところに行く」と言ってるようで

気分が悪い。。。(0_ _)0





この間見ていた海外ドラマで、自分の親を施設に入居させて

「やあ最近お母さんは元気かい?」
「設備の整った環境で快適に暮らしているよ」
「そうか、それは何よりだ」

みたいな会話をしているのを見ました。

海外の介護事情(特に在宅介護)については不勉強ですが、

こういう環境をちょっぴりうらやましく思いました。


少なくとも、まだまだ日本には「子が親を看るのは当然」という「常識」があって、

おまけにそこには「美徳」のようなものがあるように思います。

それは、「人としての義務」だと考えてる方もいるかもしれません。

子は親を施設に入居させることに「罪悪感」とまではいかなくても、

何かしら「放棄」したような感覚を感じなければならないような風潮があります。


特にうちの義父母のように古い考えの人たちは、

周りにもそういう人が多いのでやっかいです。


今回もオット父は連絡の拠点を迷わずうちにしました。

何も知らないうちに、我が家の電話番号が出回ってるんです。

携帯持ってるのにですよ。

そりゃま、出られないこともあるでしょう。

固定電話の連絡先も必要でしょう。

でも。。。

病室で携帯電話を使ってもいいということだったので、

オット父には携帯を持たせてるんですが

その通話代が軽く2万円を超えてるんです。

支払いはうち持ちの携帯ですよ(TT)

2万円越えなんて、女子高生なみです。(知らんけど)


そんだけ携帯使ってるのに、それなのに、

あいつの知り合いからはうちに電話がかかってくるんです。

「明日お見舞い行こうと思うんやけど、お父さんはもう退院しましたかぁ?」

「お父さんも、息子さんがいるから安心ですねぇ」



まったく。

カンベンしてほしいです。



「男以外は産んでも意味がない」と娘の前で言い放つような男。

ホントに看なきゃダメかなぁ。。。

・・・ブ~~~~。。。( ― 3 ― )




あれですね、

自分が年をとったときにこんな選択やこんな思いを

成り行きで子どもにさせるような人生設計はダメですね。


話し合いは早くしておくべきです。

流れでもっていこうなんて、おかしいです。

というわけで、

やっぱり貯金ですかぁ(\▽\)?















今日も長々とすみませんm(_ _)m
最後まで読んでくださって本当にありがとうございます。
クリックしていただけると励みになります!
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村





スポンサーサイト
【2011/09/09 08:30】 | つぶやく | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。