スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
浮き沈み
すっかり動けなくなってしまったオット母。

言葉も出なくなり、顔からは表情も消えました。

なぜこんなに激変したのか。

5日間のショートステイの間に、よほどのことが何かあったのか?

それとも、ケガが「引き金」になってしまったのか??

いずれにしても、

私もオットも、今後についていろいろ考えざるを得ませんでした。


で。

そんな中でしたが、

とにかくまずは体を休ませなければ、ということで、

一昨日の夜はオット母に禁断の(?)安定剤を飲ませました。

その前の晩、1時間おきのトイレのせいでオット母も私も寝不足でしたから^^;



そしたらまぁ、寝るわ寝るわオット母。

夜8時前に寝て、朝起きたのが7時過ぎ。

ほぼ12時間睡眠ですよ(゚□゚)

朝あまりに起きてこないので、てっきり死んでると思いました。




さらに!

起きたときのことですが、

いつもなら起き出すときにドタバタ音がするんですけど、

それもなしに静かにふすまを開けて、

「トテトテトテ・・・」とトイレに自力で

歩いて行く(音が聞こえる)ではありませんか!!


この様子、オットは2階から見ていたそうです。

オット母、ショートに行く前ほどではないにせよ、

ちゃんと歩けてたんだとか。


オットと私は喜びました。

元気になったよ!!!(*゚Д゚)

やっぱり睡眠は大事だね(*´Д`)!


ところが、です。

その後、オット母はいったん部屋に戻って

布団に寝転がったのですが・・・

その後起きるときには、もう介助が必要だったんです。

なんで?( ̄_ ̄;??


さらにです。(またかぃ)

熱はなく、骨折もないということで、デイケアに試しに

行かせてみたのですが・・・(鬼嫁?)

帰ってきたらこれがまた元気元気!!





なんでしょうか、脳が指令を出し損ねてるんでしょうか。

この「テンション」と「運動能力」の乱高下は、

認知症の症状なんでしょうか?




まあ、主治医の先生によれば

「寝たきりになるのに10年はかからない」そうなので^^;

オット母が本当に動けなくなるのは

遠い未来のことではないんでしょう。

介助が必要な状態をチラリと体験出来たのは

シミュレーションが出来たという意味ではラッキーでした。






それにしても。。。

死んでなくてよかったよ・・・( ̄Д ̄;)=3
















いつも見に来ていただいてありがとうございます。

ランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります!
FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村






スポンサーサイト
【2011/08/25 09:05】 | オット母 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。