スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ヨメ、ブチ切れる
ついにやってしまいました。( _ _)。

昨日は、ホント体調が悪くて、きつかったんです(と、まず言い訳)



オット母が、私が部屋からいなくなったのを見計らって、

子どもたちに「隠した」とか「だました」とかをひそひそ言っては

鍵を開けるように迫っているのを聞いてしまったワタクシ。

「お金がなくなった」としきりに言っていたので、

頭の回線は被害妄想真っ只中だったと思われます。

鍵を閉めてるのは、何かを隠すため。

だましたというのは何のことかは不明。

とにかく、私のいない時に子どもに

ないことばかりをあれこれ「吹き込む」オット母。



鍵を開けない理由は毎日最低40分はかけて説明しています。

昨日も同じくらいの時間をかけて説明しました。

でも、立ち上がったら忘れてるんです。

「いっそ殺せばいいのになぁ」とか、子どもの横で言うんです。

いつもは「そんなこと言わないでください」と優しく言うところですが、

昨日はもう止まりませんでした。



だって、我が家にはまったく非のないことを延々と、

しかも子どもにむかってゴネるのは許せない。

「パン買ってやるから出して」とか

「イヤなおばちゃんやなあ」(私のことと思われる)とか

子どもにヒソヒソ言うんです。

「よっぽど何か隠すことがあるんやろ」

「なんや、おかしい人やなぁ」(私のこと)



挙句の果てに、部屋から出たと思ったら

大きな声で奇声(歌っていたのか!?)をあげて

玄関で

「開けてくれないんですかねぇーーーーー!!」

と叫んでいます^^;

そして戻ってきては「何をしたの?」

「何でこんなに鍵を全部閉めてるの?」と子どもに言います。



さすがに私も堪忍袋の緒が切れて、

「だったら出ればいいでしょう!」と言ってしまいました。

これは前の日と同じ^^;

夕食の準備になすびを切りながらボウルの水にさらしていたんだけど、

そのボールごと、シンクのコップやお皿もどけずに

バーーーーーーーン!!!

と叩きつけました。これは前の日とは違います( ̄ ^  ̄;)

その後、感情を抑えることが出来なくて、

大きな声で泣きながら

なぜオット母がここにいるのかを説明しました。

なるべく、オット母の立場が悪くならないように

一応言葉を選んだつもりです。


でも、オット母。

「(こんな女と結婚して)〇〇(←オットの名)はかわいそうに」と

笑いながら言いやがりました。

「一所懸命勉強して、高校出て、ほんでなぁ・・・」

明らかに私と結婚したことを否定しようと頑張ってるんです。

私がこの状況を説明しようとすると、

「へぇぇぇ、ほんまぁ~」とよそを向いてそれには耳を傾けずに

「よぉまあそんなことを言えるねぇ」とゆーっくりと笑いながら

私の顔を見て私を非難するんです。



ここでワタクシ、本当にブチ切れました。

携帯電話をとり、オットの番号を押して、

オット母に渡しました。

「なぜ鍵が閉まってるか、なぜここにいるか、

〇〇さんに聞いてください。」

そしたら・・・

もんのすげーよそ行きの声で

「モシモシ♪××(自分の名)です。なんや電話せぇ言うのよぉ♪」だと。











とにかく・・・

子どもの前でそんな言い争いをしてしまったこと。

子どもに取り乱したところを見せてしまったこと。

何もかもが自己嫌悪で・・・

娘は、私に見えないように気をつかって、

でも目に涙をためてました。




はー。。。



もう・・・・


ダメな私です・・・・・・・







































最後まで読んでいただいてありがとうございます。
また、拍手をしてくださった方も、本当にありがとうございます。
主に自分のストレス発散のため、そして認知症の人と暮らすことが
どんなことか、もしも、ほんのちょっとでも誰かの参考になるなら、と
始めたブログですが、読んでいただいた上に拍手をいただけるなんて、
本当に本当にうれしく思います。
ありがとうございます。




ランキングに参加しています。
クリックしていただけると本当に励みになりますm(_ _)m
FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
【2011/07/24 10:50】 | つぶやく | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。